状況にあった話し方、声の出し方~トーンのトレーニング編~

日お伝えした、状況にあった話し方、声の出し方

今日はそのトレーニング方法をご紹介します。

昨日のお話したあなたのおかれている状況は……

①状況は「入社当日、配属部署で全員の前であいさつのスピーチをしなければいけない」。

②あなたのこのスピーチで目指す目標は「さわやかのイメージ」を聞いている人に与えること。

 

でしたね。

なんのこっちゃ!?ってかたは、昨日の記事を読んでいただけるとお分かりいただけます^^

そして、技術的な要素としてやることは、

 

①声のトーン

②テンポ

③声の方向

 

この3つです。

 

①声のトーンのトレーニング

今回は「さわやかなイメージ」という前提があるので、出したいトーンとしては、「高めの声」です。

ただ、注意していただきたいのは、「高い」といっても、この高さは「あなたが普段話している声よりも少し高い」くらいで良いです。

無理に高くする必要はない、ということです。

 

そして、「高い」といっても音程は気にしなくていいです。大丈夫、結果普段よりも高い声が出るようになります。

では、まず普通に声を出してみましょう。

さわやかさとか、声の高さは意識しなくてよいです。

はい、いきますよ! どうぞ!

 

「あ~~~~~~~~~~~~~~~~」

 

どうですか? 普段の地声、出てますか?

今の声、覚えておいてくださいね!

 

では、今度は声ではなくを出してみましょう。

息を吸います……あ、腹式でやってくださいね。

 

そして、はきます!

「ス~~~~~~~~~~~」

このス~~~っていうのは、そうですね、ガス漏れをするような感覚で、上の前歯に息を当てて、「ス~~~~~」と出してみてください。

 

もう一回行きますね。

息を吸います!

目いっぱい吸ったら……前歯の歯の裏側に当てて、ガス漏れをする感じで……はきます!

 

「ス~~~~~~~~~~~~~~~」

 

キレイにはけましたか? 空気が身体から流れていく感じです。

さぁ、本番!

今のと同じことをやります。

唯一違うのは、「はいた息に声の乗せるイメージを持つ」ということだけです!

 

やってみましょう! あ~と声に出してみてください。いきますよ!

せーの!

 

「あ~~~~~~~~~~~~~~~」

 

……どうでしょう

さっきやった「あ~~」とは違う、腹式からつながった、響きのある「あ~」が出たんじゃないでしょうか。

あまり効果が分からないという人、いらっしゃると思います。

 

すぐに効果がでなくても、この、「はく息に声の乗せる」というトレーニングを数日間やってみてください。

必ず効果は表れます。

さらに! 今度はセリフにしてみましょう。なんでもいいのですが「よろしくお願いします」にしましょう。

やることは同じです。

「あ~」、を「よろしくお願いします」に変えるだけです。息の流し方や、腹式呼吸は変わりませんよ!

いきましょう!

 

せーの!

「よろしくお願いします!」

 

OK!

では仕上げです。

今やったのは、トーンというより、正しい発声方法です。

なので、実は今までのトレーニングは声のトーンは関係ありません。

発声の土台の部分のトレーニングです。

なので、すべてに通じます。ぜひ毎日と言わないでも、気が向いたとき、お風呂に入っているときなど、トレーニングしてみてください。

 

で、さわやかさを出すためのトーン。

いままで声を出しているとき、声はどこから出てましたか?

 

……

 

「どこって、口からに決まってるじゃないか(´Д`)」

正解! 素晴らしい!

普段話す、いわゆる地声は、口からまっすぐ出す感覚がよいです。

では、次です。

「声を眉間から出してみましょう!」

え、眉間から声なんて出ませんか?

その通りではあります。

ただ眉間の方を響かせることはできます。

そのために、眉間から声を出す感覚が分かりやすいかと思います。

行ってみましょう!

せーの!……

 

「あ~~~~~~~~~~~~~~~~~」

どうでしょう? 眉間から出ましたか?

難しければ、さっきやった息を出す「ス~~~~」っていうブレストレーニングをやってみてください

このとき、眉間から声を出すイメージで息を流します。

 

ではどうぞ!

「ス~~~~~~~~」

もうやることはお分かりですね。

この「ス~」に声を乗せます!

 

どうですか?

きれいに眉間に響いて出ましたか?

そして結果、声のトーンが上がっていませんか?

 

そう、これがトーンの上げ方です。

高くしようとするのではなく、結果高くなることが重要です。

そのために、眉間の方に響かせるという技術をぜひ習得してみてください。

いきなりは難しくても焦る必要はありません。

コツコツやれば、必ず感覚はつかめてきます。

声は誤った出し方で頑張って出しすぎると、喉を傷めてしまうかもしれません。

ただし、さっきやったブレストレーニング(ス~~~ってやつ)は喉を傷める心配はほとんどありません。

まずはブレストレーニングで発声の基礎である、息の流し方をマスターすると良いかもしれません。

 

……今日も長めになってしまいました。

本当は、3つ全部書く予定だったのですが、どうも熱が入るといけませんね。

②テンポ、③声の方向についてのトレーニング方法については、また次回ご紹介します。

では、お楽しみに!

 

関連キーワード
  • 無意識でやっている!?会話が続かない・イライラさせてしまう癖
  • コミュ力UP!人の気持ちと空気が読めるようになるトレーニング方法
  • スピーチ・プレゼンが上手くなる簡単な方法!もう眠いとは言わせない!
  • 会話が続かない時にやってしまいがちなこと
  • 「気づき」は心や身体の状態を変えてくれる特効薬?
  • 笑顔を作ることが苦手?無理なく笑顔でコミュニケーションをとるためには
おすすめの記事
笑顔で歌うと……
皆さんこんばんは^^ 早速ですが……あなたは、歌っているとき、どんな表情をして歌っていますか? テレビやライブで歌っているミュージシャンの方...
美しい日本語 ~無声音~
話し声
本日は話し声のお話。 以前鼻濁音についてお話しました。 今回お話するのは無声音ですが、基本的にセットで習得していただきたい内容になります。 ...
腹式呼吸からの発声
前回の腹式呼吸は必要? の最後にお伝えした、「腹式呼吸ができた=良い発声ができたではない」という部分について本日はお話しようと思います。 腹...
早口言葉で滑舌が良くなる?
話し声
皆様、滑舌のトレーニングと言ったら何を想像されますか? おそらく、多くの方が早口言葉を想像されるのではないかと思います。 実際、いろんな場所...
タバコと声
コラム
今やタバコ税が上がったり、タバコを吸える場所が限られたり…… タバコを吸う人は肩身が狭い世の中かと思います。 声にもタバコは悪い! そういわ...
カラオケトレーニングの注意点
発声練習や歌の練習。 ガンガン練習したくても家でやると近所からクレームが…… よし、カラオケに行こう!   やっぱり声を出す場合、周りに心配...