音程の合わせ方、音のとらえ方

を歌う際に絶対に出てくるのが音程。

さて、あなたはこの歌うときの音程、どのようにとらえて声を出していますか?

本日はその音程のとらえ方についてお話します^^

簡単に言っちゃいます!

同じ「ミ♪」という音でも、聞こえ方はその「ミ」を発声するときのとらえ方で変わってきます!

そしてあなたの発声もその音のとらえ方で格段に変わります!

 

どういうことか?

やってみましょう!

あなたは、「ミ」という音を発声するとします。

わかりやすいのは、実際音を出して発声してみると良いです。アプリでも何でもいいので、「ミ~~~♪」と音を出せるものを用意してください!(なければイメージで

いきましょうね!)

あ、さっきから「ミ」という音程を出していますが、これ何でもいいです。声が出しやすい音を出してみてください。

 

……

 

さ、音を出す準備はできましたか?

では、「ミ~~♪」と弾きます~~。

その「ミ~~♪」と同じ音程を声で出してみましょう。

「ま」という声で行きましょう!

では、「ミ」の音程で、せーの!

「ま~~~~~~~」

 

ではここで、最初の質問!

あなたは今のミの音のどこをとらえて声を出しましたか?

 

……

 

 

すみません、意地悪な質問でしたね。

正直音をとらえる、というのは私の造語の可能性もあるので、わからなくて当然です。

訳がわからないよ( ゚Д゚)! と思った方、すみませんでした^^;

と、いうのは、同じ「ミ」の音でも、その音を

 

「下からとらえるのか」

「まっすぐ真ん中でとらえるのか」

「上からとらえるのか」

 

この3つで聞こえてくる音、発声時の声帯周りの筋肉等、ガラッと変わってきます。

おそらく、こんな話は初めて聞いたよ! っていう方はとってもわかりづらい分野だと思います。

この話は文字だと特にわかりづらいかもしれません。

 

ハッキリ言ってイメージの話です。

音程としては、下からとらえようが、上からとらえようが、「ミ」は「ミ」です。

なので、実際やってみましょう、そのほうが分かるはず!

 

もう一度「ミ」を出してみましょう。

大体の方が自分が出しやすい音程の「ミ」であれば、

 

こう無意識的にまっすぐでとらえている方が多いと思います。

では、今度は「1オクターブ上のミ」を出しましょう。

1オクターブ上は出ないよって方は、自分が出せる高い音で良いです。

さぁ、どうぞ!

 

 ♪

 

こう、下からとらえていませんか?

意識しないと、大体こうなっちゃいます。そして、こうなると、ほとんどが喉に力は入り、いわゆる喉が絞まった状態になります。

(下の奥が上に上がり、喉ぼとけも上へ、結果咽頭共鳴腔を狭くしてしまい気流が流れず、力が入ってしまう状態です。)

こうなると高音はきついです。喉の負担もマックスです。

 

なので、

 ♪

 

こうしましょう!

音は上からとらえる。

こうすることにより、喉の状態は結果、楽な状態になり、喉の奥も広く開いた状態で使えるため、高音がキレイに楽に出せます。

 

ちょっとやってみましょう!

さっきの「ミ」

楽な音からで良いです、音を上からとるイメージです! せーの!

「ま~~~~~♪」

 

どうでしょう? わかりますか?

続いてさっき下からとらえてしまった(おそらくですよ)高い音!

高い音程、楽に出せるんだよ~、とイメージしましょう。

上からとらえるイメージで、

「ま~~~~~~~♪」

 

……

どうでしょう、違いはわかったでしょうか?

この上からとらえるということのイメージがつかめると、

まず全体的に音がきれいになります。

そして、高音の発声が比較的楽に出せるようになります

 

後は歌でも同じように、上からとらえてゆけばOKです!

ぜひやってみてください!

 

 

補足

今回のこの上から音をとらえよう、というのは正直わかりづらいと思います。

私自身、この文章を読んで、「わかりずらいなぁ、もっとわかりやすくできないかな……うーん、文章能力がほしい;つД`)」

となりました。

正直、実際の声を聴いていただければすぐにわかると思うのですが、文章だとイメージの世界は本当に難しいです。

今後もこういうわかりづらい分野が出てくると思います。なんとかうまい方法を考えていきますので、お許しくださいm(__)m

 

 

補足2

歌にはいろんなジャンルがあります。

そのジャンルによっては、音を下からとらえたほうが効果的な声が出る、というジャンルもあるのは確かです。

なので、今回の音を上から、というのは、すべてのジャンルの答えではないです。

ただ、上からとらえることによって、のどに負担がかかりづらく、楽に強い発声ができることも事実です。

使用用途によって使い分けられれば最適だと思います。

私は、あなたの今後の長いソングライフを送るために、上からとらえる発声をおすすめします^^

 

 

関連キーワード
の関連記事
  • 個人練習の極意!自分の声、歌を聴く時の注意点&3つのコツ
  • 以外と盲点!?理想の声を出すためにやってほしい日常トレーニング
  • 声量を上げると声がすぐに裏返ってしまう?改善方法と以外なメリット
  • 【初心者】低音?高音?ボイトレはどのトレーニングから始めるべき?
  • 安定した声、響く声・高音を出すために腹筋は鍛えるべきなのか?
  • 高い声がグンと出るようになる筋トレ紹介!発声をして声の筋トレ!
おすすめの記事
事前チェックの大切さ
皆さんは、歌を歌う前に、「事前チェック」をしていますか? 「チェックなんていらん! 音楽は魂だ( ゚Д゚)!」 気持ちはわかりますよ^^; ...
力を抜く、力まない発声とは?
声を出すときに力が入る 脱力して声を出さないと良い声は出ない! でも大きな声を出したり、高い声を出すときにどうしても力が入ってしまう。 どう...
エアコンの風は喉に悪い?
コラム
気が付けば7月も後半。 暑くなって、もうほとんどの方がエアコンを使っていらっしゃるのではないでしょうか? 会社やお店などでもガンガンエアコン...
鼻づまりは発声に大敵?
コラム
風邪で鼻が詰まってしまって声が出しにくい…… やっぱり鼻づまりは発声に大敵ですよね……。 そんな話が先日出ました。 鼻詰まりは風邪だけでな...