ビブラートのかけ方!

昨日の記事でビブラートについてお話しました。

ビブラートは勝手にかかるのか? それともかけるのか?

私の場合

ビブラートはかけます! かける派です!

なので、今日はそのビブラートのかけ方をご紹介! トレーニング方法もお伝えします!

ビブラートのイメージ

さぁ! さっそく行きましょう!

昨日ざっくりとビブラートの種類のお話をしました。

 

・喉でかけるといわれている細かいビブラート(ちりめんビブとかって呼ばれます)

・音の高低で揺らすビブラート

・強弱で揺らすビブラート

 

この3つですね。

よく、喉でかけるビブラートはだめだ!

横隔膜でかけるビブラートがいいんだ!

とか言われているのを聞きますが、

 

……

 

ぶっちゃけ好みです^^

一応、1秒間に6回揺らすくらいがキレイに聞こえる、とかありますが、

好みって人によってちがいますよね。

その曲に合う合わないもあります。

波が細かく早いちりめんビブラートがかっこいいって思う人も当然いらっしゃいますし、

波が大きく速度の遅いゆれが好きな方もいらっしゃるでしょう。

 

なので!

大切なことはあなたの好きなビブラートをイメージすること!

どんなビブラートがかけたいですか?

「アーティストの○○さんみたいなビブラートをかけたい!」

はい、そんなイメージで良いんです! それに向かってトレーニングしましょう!

 

ビブラートのかけ方、トレーニング方法

さぁ、一番大事なところですね!

かけ方も当然1つではないですが、今日はわかりやすいかけ方をご紹介します。

 

①音の上下(高低)で揺らす

まず、音程は何でもいいです、「あ~~~~~~」と声を出してみましょう。

「あ~~~~~~~~~~~~~」

はい、OK!

 

では、ゆっくりでいいので、途中で半音くらい上にあげて、戻してを繰り返してみましょう。

例えば「ファ」の音で「あ~~~~~~」と言っているとしますね。

そうすると「ファ~~~~~~~~~」ですが、

これを「ファ~~ファ#~ファ~ファ#~ファ~」と音程を上げて戻してを繰り返します。

 

わかりにくければ、音程は気にしなくていいです、

「あ~~⤴あ~⤵あ~⤴あ~⤵あ~⤴あ~」

と音程で揺らしてみてください。

最初はビブラートと呼べないくらいゆっくりでしかできないと思います。

ただ、練習して、この波を早くすれば、これは立派なビブラートになります。

 

②強弱で揺らす

これは音の強弱で音の揺れを作るものです。

早速やってみましょう!

さっきと同じように「あ~~~~~~~」と声を出してください。

基本は同じですね。

で、揺らし方です。

まずは短音で「あ」と何回か言ってみましょう!

 

「あ」「あ」「あ」「あ」「あ」「あ」「あ」

 

OK!

ではそれを、「あ~~~~~~」というロングトーンのなかに入れていきましょう。

「あ~~~ぁ」(赤い文字の「あ」は強く言ってくださいね)

 

はい、これがもうビブラートです。

これも最初はゆっくりしかできなかったり、安定しなかったりすると思います。

トレーニングして、自分の理想のビブに近づけていってみてください。

まとめ

①、②がビブラートのやり方になります。

あとは、このやり方をベースに、揺らす波を大きくしたり、小さくしたり、波のテンポを速くしたり遅くしたりして自分の理想のビブラートにしていくということです。

 

トレーニング方法としては、声を出して、揺らす、ということに慣れていただくことが大事なので、歌を口ずさみながら練習してもいいですし、お風呂に入りながら「あ~~~」と揺らす練習をしてもいいです。

以前このかけ方をお伝えした生徒さんは、接客のアルバイト中に「いらっしゃいませ~ぇえぇえぇえ」という練習をしていたとか。(しっかり店長に怒られたようなのでよいこは真似しないように)

 

とにかく声を揺らすということに慣れてしまうこと! そして自在にコントロールできるようにすること! これが大事です。

 

以上がビブラートのかけ方になります。

ぜひマスターして気持ちよくビブラートをかけてみてください! 表現の幅が広がって歌うことがもっと楽しくなりますよ!

 

関連キーワード
の関連記事
  • 個人練習の極意!自分の声、歌を聴く時の注意点&3つのコツ
  • 以外と盲点!?理想の声を出すためにやってほしい日常トレーニング
  • 声量を上げると声がすぐに裏返ってしまう?改善方法と以外なメリット
  • 【初心者】低音?高音?ボイトレはどのトレーニングから始めるべき?
  • 安定した声、響く声・高音を出すために腹筋は鍛えるべきなのか?
  • 高い声がグンと出るようになる筋トレ紹介!発声をして声の筋トレ!
おすすめの記事
発声に腹筋は大事?
コラム
よく、声を出すには腹筋が必要! そういわれますね^^ 毎日腹筋の筋トレをして声をよくしたいと思っている方はいらっしゃると思います。 今日はそ...
絶対音感と相対音感
コラム
本日はタイトルの通り音感のお話です。 なんとなく聞いたことがある単語ではないでしょうか 「絶対音感」 「相対音感」 ものすごーく単純に言って...
音程の合わせ方、音のとらえ方
歌を歌う際に絶対に出てくるのが音程。 さて、あなたはこの歌うときの音程、どのようにとらえて声を出していますか? 本日はその音程のとらえ方につ...