音痴は直せるの? その2

日の引き続き、音痴のお話。

昨日は①声がしっかり出るか、②音程の途中までお話しました。

今日はその続きになります。

もし昨日の記事をご覧になられていない方は、こちらを読まれてからだとわかりやすいとおもいます^^

②音程(続き)

昨日は音程チェックをやっていただきました。

どうだったでしょう。

問題なくできたよ、っていう方と、外れてしまった、という方、両方いらっしゃると思います。

 

しかしどうでしょう、外れてしまったという方の中でも、「低い」と思って外れてしまった方が多いのではないでしょうか。

あくまで私の統計なのですが、外れてしまっていても、「低い」と感じて外れる方の方が圧倒的に多いのです。

で、ここからが具体的な話。

 

高い音

昨日も少し触れましたが、日常生活で話す話し声よりも歌声は高く出すことの方が多いです。

そうすると、普段出さない声のため、「出し方がわからない」という状態になったり、

出せたとしても、普段出さない音なので

「自分では変な声」という認識になり、出すことを躊躇する状態になります。

これが、「音を外す原因の一つ」です

 

先ほどの音程チェックで、低いと感じて外してしまった方も同じようなことが言えます。

普段高い音を意識しないため、半音や1音下にとらえてしまうことがあります。

 

この2つの状態

歌を歌うときに音程がずれてしまうとすると、ほとんどが曲より「半音、もしくは1音ほど低く声を出してしまい、音を外していることがとても多い」です。

なので、そういった方には、「歌うとき自分の中で半音、もしくは1音高い声を出してみてください」とお伝えすると、すぐに音程が取れたりします!

もし、音程を外してしまって困っている……という方がいらっしゃったら、ぜひ試してみてください。

前回の記事でご紹介した、音程チェックを試し、高い音だと思って不正解以外の方は、「半音、もしくは1音高い音」半音とかよくわからなければ、高く外すくらいのつもりで歌ってみてください!

かなり改善されると思いますよ^^

 

音程チェックで高く外してしまった人は、これの逆を試してみてください。つまり出そうと思っているより低く出すのです。

ただ、高い声は出にくいと思うので、音程の低いところからトレーニングしましょう!

③テンポ

テンポのお話ですが……

……

次回お話します!

 

(´Д`)

 

私はどうも、文章をまとめてお伝えするのが苦手なようで……長くなってしまいがちですね^^;

ご紹介したいことが多くなってしまい、こう……ギュッとまとめることが難しい!

ダラダラと長くなってしまってもよくないので、テンポは次回、ギュっとまとめてご紹介します!

 

関連キーワード
の関連記事
  • 個人練習の極意!自分の声、歌を聴く時の注意点&3つのコツ
  • 以外と盲点!?理想の声を出すためにやってほしい日常トレーニング
  • 声量を上げると声がすぐに裏返ってしまう?改善方法と以外なメリット
  • 【初心者】低音?高音?ボイトレはどのトレーニングから始めるべき?
  • 安定した声、響く声・高音を出すために腹筋は鍛えるべきなのか?
  • 高い声がグンと出るようになる筋トレ紹介!発声をして声の筋トレ!
おすすめの記事
お酒は声に悪いのか?
コラム
カラオケボックスで酒を片手に熱唱! 楽しい瞬間ですね! 嫌なことが吹っ飛び言うことなし!   しかし……声を出す声帯にはとってもダメージがあ...
喉が痛くなる前に
コラム
本日はこのブログでも何度かご紹介しているケアのお話です。 「歌いすぎて喉が痛い!」 「声がガラガラになっちゃった!」 水分しっかりとってケア...
エアコンの風は喉に悪い?
コラム
気が付けば7月も後半。 暑くなって、もうほとんどの方がエアコンを使っていらっしゃるのではないでしょうか? 会社やお店などでもガンガンエアコン...
喉のケアはしっかりしましょう
コラム
本日は少し趣向を変えて、「喉のケア」についてお話しし、また、私が使っているケア商品をお伝えします。 10代とかの時は正直、ケアとか考えたこと...