伝える相手を考えよう

かを表現するとき、結構多いのが自分が「歌うこと」や「話すこと」に一生懸命になってしまうこと。

一生懸命やるのは大事なのですが、一生懸命になりすぎて意識が自分だけになってしまう

これでは本末転倒。

今日はそんな表現をする時に意識についてご紹介!

伝える相手を考える

細かいことはおいておいて、もうこれに尽きます。

あなたが歌うとき、話すとき、それを伝える相手を考えましょう

そしてその相手に向かって表現しましょう。

あいては、一人でも多人数でも構いません。

あなたの表現を自分ひとりのものにするのではなく、

伝えたい相手に向けて飛ばすのです!

これだけで、あなたの表現は急激に変わります!

 

 

相手がいないとき

ライブや舞台、スピーチなど、相手が目の前にいるときは意識がしやすいです。

意識がしにくいのは、収録などで、目の前にマイクしかないとき。

こういったとき、どうしますか?

やはり多いミスが、マイクに向かって歌ってしまう、マイクに向かって話してしまうということ。

これではあなたが収録した音源を聴く相手には伝わりません!

表現が小さくなってしまうのです!

 

相手がいないなら……想像して相手を作りましょう!

収録マイクの先に相手を想像しましょう。

そしてその人に向かって表現をぶつけてみましょう!

劇的に収録される音源が変わります! 生きた表現になってくるはず!

相手を考える

さて、今日の本題です。

今お伝えしていたのは、相手に向かって表現をしないと生きた表現にならないですよ! ということ。

ここからは、その相手はどんな人? どんな生物? という話です。

これが結構大事。

ここからは、私の質問を想像しながら読んでみてください^^

 

①あなたは、これからバラードを歌います。

②そのバラードは大切な相手を想って書かれた歌詞になっています。

③その思いをしっかり表現して歌いたいです。

 

さぁ、誰を? どんな想像をしますか?

 

……

 

きっとあなたは、あなたの大切な人……もしかしたら人ではなく、飼っているや大切なペットを想像した方もいるかもしれませんね^^

それが答えです。

人によって想像する対象は違って当たり前。

そして、その想像した対象に向かって表現をぶつけることで、あなたの歌や表現は、あなたの個性として表現され、生きた歌、生きた表現になってくれます

この想像というもの意識するだけで、意識していないときとは別物の表現ができるはずです!

ぜひ、試してみてください^^

 

今日は相手を想像する、相手に表現をぶつけていこう、ということをご紹介しました。

今日ご紹介した内容は、技術的なことではないので、すぐに実践できます。

意識をするだけ

これだけで劇的な効果を得られるものなので、ぜひ取り入れてみてほしい内容です^^

そして、これを意識すると、表現することがとっても楽しくなります^^

生きた表現ができ、さらに自分も楽しくなる……

ぜひお試しあれ~

 

 

関連キーワード
, 話し声の関連記事
  • 個人練習の極意!自分の声、歌を聴く時の注意点&3つのコツ
  • 以外と盲点!?理想の声を出すためにやってほしい日常トレーニング
  • 声量を上げると声がすぐに裏返ってしまう?改善方法と以外なメリット
  • 【初心者】低音?高音?ボイトレはどのトレーニングから始めるべき?
  • 安定した声、響く声・高音を出すために腹筋は鍛えるべきなのか?
  • 高い声がグンと出るようになる筋トレ紹介!発声をして声の筋トレ!
おすすめの記事
音程の合わせ方、音のとらえ方
歌を歌う際に絶対に出てくるのが音程。 さて、あなたはこの歌うときの音程、どのようにとらえて声を出していますか? 本日はその音程のとらえ方につ...
ビブラートのかけ方!
昨日の記事でビブラートについてお話しました。 ビブラートは勝手にかかるのか? それともかけるのか? 私の場合 ビブラートはかけます! かける...