出したい声を出すために ~土台をしっかり作ろう~

 

「良い声を出して周りを魅了したい」

「良い声で歌いたい」

その他色々……

人によって出したい声、やりたい表現はさまざま。

そして、その求める声を手に入れるため、いろんな練習をしたり……

それはとてもいいことです。

良いことなのですが、結構忘れがちなことがあります。

それは……基礎である土台の部分はしっかりできていますか!?

この基礎ができていない状態で応用編のようなトレーニングをしても残念ながら身についてくれません。

今日はそんな、大事な基礎のお話。

 

土台。木で例えれば、根っこ、幹の部分

求める声や表現によって使う筋肉が違います。

そのため、トレーニング方法も変わってきます。

但し、これはいわゆる応用編トレーニング。

応用編をスムーズに進めるためには、基本ができていないといけません。

 

ではその基本の1つは……ずばり「呼吸」です!

この呼吸のコントロールができていなければ、当然声のコントロールも難しくなります。

声量、リズム、音程、言ってしまえばすべてに影響を与えるのです。

こんなにも大切な呼吸のコントロールですが、結構トレーニングするのを忘れがち!

呼吸はいわば発声の土台、木で言えば根っこ、幹です。

細い根っこ、細い幹には枝はあまりつけられませんね^^;

それだけ大切なものなのです。

 

 

呼吸コントロールのトレーニング

呼吸のトレーニングははっきり言って地味です。

面白くないかもしれません^^;

でもすでにご紹介した通り、呼吸のコントロールはとっても大事!

できれば毎日続けましょう!

呼吸のトレーニングは、「吸って」「はく」

基本これだけ。

生きるために当然無意識でやっていますよね^^

 

では、早速いきますよ!

意識的に、限界まで吸ってください!

そして、限界まで吸ったら、今度は限界まではいてみましょう!

 

は~~~~~~~~~

 

とにかく大きく吸って、大きくはきます。

次に、時計でも、タイマーでも何でもいいのですが、秒数をはかるものをみましょう。

そしたら、8秒かけて吸って……8秒かけてはきましょう!

約束事としては、1から数えて8まで、吸う息、吐く息の量は一定です。

そして、8の時に「限界」が来るようにコントロールしてみましょう。

ではどうぞー

……

 

どうですか?

結構難しいと思います。

次は4秒で同じことをやってみましょう

4秒かけて吸って、4秒かけてはきます。

ルールは8秒と同じ。4秒丁度で限界を迎えるようにコントロールして呼吸をしてみてください!

これを、2秒でやってみたり、16秒でやってみたりと、何秒でやってもしっかりコントロールできるようにしましょう。

 

MAXまで吸って、MAXまではく! これは絶対やってくださいね^^

 

今日は土台作りについてご紹介しました。

この呼吸のトレーニングを行うことで、呼吸のコントロールと同時に、発声に必要ないくつかの筋肉も鍛えられます。

いいこと尽くしです!

お風呂に入っているときでも、寝る前、布団に入ってからでもいつでもいいんです。

ぜひ、やってみてください!

 

関連キーワード
, 話し声の関連記事
  • 個人練習の極意!自分の声、歌を聴く時の注意点&3つのコツ
  • 以外と盲点!?理想の声を出すためにやってほしい日常トレーニング
  • 声量を上げると声がすぐに裏返ってしまう?改善方法と以外なメリット
  • 【初心者】低音?高音?ボイトレはどのトレーニングから始めるべき?
  • 安定した声、響く声・高音を出すために腹筋は鍛えるべきなのか?
  • 高い声がグンと出るようになる筋トレ紹介!発声をして声の筋トレ!
おすすめの記事
音程の合わせ方、音のとらえ方
歌を歌う際に絶対に出てくるのが音程。 さて、あなたはこの歌うときの音程、どのようにとらえて声を出していますか? 本日はその音程のとらえ方につ...
感覚を掴むこと
コラム
本日はトレーニング中に良くある一コマよりご紹介 例えば高音発声のトレーニング 繰り返し練習して、ふとした瞬間…… 「あれ? 今の声すごくいい...
発声に腹筋は大事?
コラム
よく、声を出すには腹筋が必要! そういわれますね^^ 毎日腹筋の筋トレをして声をよくしたいと思っている方はいらっしゃると思います。 今日はそ...