笑顔で歌うと……

さんこんばんは^^

早速ですが……あなたは、歌っているとき、どんな表情をして歌っていますか?

テレビやライブで歌っているミュージシャンの方をいろんな表情で歌っていますよね?

あれ、演出の意味もあるんですが、発声の観点から言ってもとっても意味があるんです!

今日はそんな「表情」のお話^^

表情筋

人が笑ったり、落ち込んだり、怒ったりしたとき、顔が変わると思います。

その顔を動かしているのは、「筋肉」です。

細かく言うといろんな筋肉の名称があるのですが、顔の筋肉を総称して、「表情筋」と呼びます。

そして、この表情筋を動かすことで、以前お話した共鳴腔が広く維持できたり、結果声色が変わったり、声が出やすかったり……

つまり、発声と表情筋はとっても密接な関係があるのです。

 

 

笑顔で歌う

本日のタイトルにも登場した「笑顔」

文字で説明するより実感してもらったほうが早いですね!

試してみましょう!

 

まず、できれば鏡の前に行って、自分の顔を見ながらやりましょう!

ではまず、真顔のまま、声を出してみましょう。

あ~~~~~~~♪

 

OK

今の声を覚えておいてくださいね^^

じゃあ次!

はい、笑顔になってください! スマ~~イル~~ (^◇^)

顔はそのままですよ~、そのまま声を出します!

(^◇^) あ~~~~~~~~~~♪

 

……

 

OK!

どうでしょうか? ずいぶん響きが違ったと思います。

もし、よくわからなかったという人は、今の声を録音して聴いてみてください。

必ず、真顔と笑顔では声色が変わります。

じゃあついで!

真顔と笑顔で、同じ歌、同じフレーズを歌ってみてください!

歌は何でもいいですが、悲しい歌じゃないほうがいいです^^

笑顔で悲しい歌は歌いづらいですから^^;

どうぞ~

 

……

 

これまた、ずいぶんと音色が変わったと思います。

笑顔は、今ご説明した通りの効果があり、何より、声が明るくなって、聴いていて心地いい声が出やすくなります。

これはとっても使える技術の一つです!

さらにさらに……

 

高音が出やすくなる?

高音の発声がやりやすくなる場合があります。

それはなぜか……

簡単に言うと、口角が上に上がり、共鳴腔が広く維持され、さらに、息の流れも上に抜けやすくなるためです。

これも、理論より、やってみたほうがわかると思います!

笑顔を作って……声を低いところから高いところに向かってゆっくりと、

 

あ~~~~~~

と、上げていってみてください。

息が流れやすく、上に抜けていく感じがつかみやすいと思います

高音発声の練習にもなるし、歌でも使えるわけですね!

 

今日は、「表情筋」のお話でした。

わかりやすいため、「笑顔」をメインにお話させていただきましたが、

お伝えしたかったのは、

「表情を変えることで、こんなに声色が変わって、声の出やすさまで変わるもの」

という表情筋の大切さです。

つまり、ご紹介した笑顔とは逆に、切ない表情で声を出せば、切なく聞こえる声色になります。

これも一つの技術。

歌う歌詞、曲と表情をシンクロさせると、声までシンクロしてくれるというテクニックです。

 

あとは……単純な話ですが、楽しい歌は楽しく歌いましょう^^

実は結構いらっしゃるんです。

発声に意識がいきすぎるあまり、楽しい歌を歌うときも眉間にシワがよってつらそうに歌う方^^;

気持ちはわかりますが、これではせっかくの楽しい歌も台無しになってしまいます。

心を開放する意味でも、表情はとっても大事!

ちょっと意識してみてくださいね(^^♪

 

関連キーワード
の関連記事
  • 個人練習の極意!自分の声、歌を聴く時の注意点&3つのコツ
  • 以外と盲点!?理想の声を出すためにやってほしい日常トレーニング
  • 声量を上げると声がすぐに裏返ってしまう?改善方法と以外なメリット
  • 【初心者】低音?高音?ボイトレはどのトレーニングから始めるべき?
  • 安定した声、響く声・高音を出すために腹筋は鍛えるべきなのか?
  • 高い声がグンと出るようになる筋トレ紹介!発声をして声の筋トレ!
おすすめの記事
祝50回! 
コラム
祝50記事! ……すみません、なんのことかというと、ふとブログの投稿記事をみたら、昨日で50記事だったんです。 本当は昨日の記事で書けばよか...
音痴は直せるのか? その3
全2回予定だったタイトルですが、3回目に突入してしまいました^^; 本日で、このお話は終わりです。 今日は「テンポ」についてのお話です。  ...
声のコンディション
コラム
今日はなんか声がうまく響かないな~ 高音発声時に今日はうまく抜けてくれないな~ など、その日によってコンディションが悪い、ということはよくあ...