歌声は話し声の延長?

日は実際に質問されたことからご紹介

「歌声って、話し声の延長なんですか?」

……うーん、答えに迷う質問です^^;

 

この方は、歌声ではなく、話し声に悩みを持って私のもとにいらっしゃいました。

色んなスクールに行かれたようなんですが、納得のいく成果を上げられず、困っているとの事。

で、この質問の真意を伺ったところ、

・前に行っていたスクールで、鍵盤の音に合わせて声を出していた。(ドレミに合わせて、あ~~♪ってやってたみたい。いわゆるスケールですね)

・歌の練習をしているようにしか感じなかった。(改善したいのは歌ではなく日常の話し声)

・その悩みをトレーナーに伝えたところ「歌声は話し声の延長だから、歌声を鍛えれば結果話し声も良くなる」という答えだった。

 

こういった事があったため、私にこういう質問をしたとのことでした。

なるほど、そういうことなら明確な答えが出せます。

それは……

 

歌声と話し声

歌声が話し声の延長かと聞かれれば、考え方次第で、「はい」とも「いいえ」とも答えられます。

と、いうのはですね、

 

・まず歌声も話し声も同じ声帯を使って声を出します。

・そして、その声帯を振動させるためには呼吸が必要です。

 

この部分で言えば、延長上にはありますね。「はい」の部分です

しかし

 

・話し声で音符に乗せるような発声は意識しない

・共鳴腔の使い方が違う(少し喉を開けることは必要ですが、歌ほど喉を開けません。)

・そのため、発声をする時の意識やトレーニング方法は歌とは異なる。

 

こういった部分で言えば、「いいえ」です。

なので、私の考えとしては、話し声のトレーニングをする時と、歌のトレーニングでは、トレーニング方法が異なると思っています。

こういった理由から、私は話し声のトレーニングの時は鍵盤を使いません^^

 

 

まとめのQ&A

Q「歌声は話し声の延長ですか?」

A考え方次第では「はい」にも「いいえ」にもなる

 

Q歌のトレーニングをやれば話し声も良くなりますか?

Aまったく良くならないとは言いませんが(呼吸とか共通部分を鍛える意味で)、

歌のトレーニングより話し声のトレーニングをやったほうが確実に良くなります。

 

つまり、話し声を鍛えたければ話し声を鍛えるためのボイストレーニングをやりましょう! ということですね^^

あくまで私の考え方ですが、あなたが今話し声で悩んでいて、ボイトレの際、歌のトレーニングをやっているようであれば、

トレーニング方法を変えたほうが良いかもしれません。

 

トレーナーについている方は、疑問に思ったらなぜこのトレーニングをやるのか聞いてみましょう!

言いづらいとか、思っちゃだめですよ^^

あなたは大事な時間を使って、大事な声鍛えているわけです。

トレーナーとプレイヤーは信頼関係がなければいけませんよ^^

 

関連キーワード
コラム, 話し声の関連記事
  • 【発声・滑舌】良い声を手に入れるために絶対にやるべきこと
  • イメージの力 ~イメージが身体に影響を与える~
  • 後鼻漏や声がれの原因?上咽頭炎治療のBスポット治療って?
  • うるさい声と響く声の違い 同じ声量でも聞こえ方は変わる?
  • 良い声ってなんだろう?良い声なんてだれでも出せる!
  • 謹賀新年
おすすめの記事
安定した声を出すために
「歌声に安定感がないんです、どうしたらいいでしょうか」 本日はそんな質問をいただきました。 「安定感」よく耳にする単語ではありますが、どうい...
表現の変化
本日は昨日に引き続き、表現のお話をしようと思います。 今日は、「表現の変化」について さっそく行きましょう!   表現の変化って? 昨日は、...