疲れをためない!

ですね~、毎日暑くてきついですね^^;

こうなると、夜しっかり寝られないとか、暑さで体力を奪われて回復できていないなどで、「疲れ」がたまりやすくなります。

この、「疲れ」は声にもとっても影響が出ます。

風邪をひいているわけでもなく、喉が痛いわけでもない。でも、疲労がたまると、出てくる声も疲労がたまった声になっているのです!

今日はそんな疲れを回復するおすすめの方法をご紹介します。

手軽な飲み物

以前喉に良い飲み物をご紹介したことはありましたが、本日は、疲労回復に役立つ飲み物です。

疲労回復に役立つ強い味方は「クエン酸」です。

で、これは何を飲めばいいのかというと、

グレープフルーツ、レモンなどの柑橘類を使ったフレッシュジュース

です。

 

クエン酸は疲れを取る効果があり、疲労がたまってしまった時は強い味方になります。

さらに、以前の記事でもお伝えしましたが、オレンジジュースなどは、喉にからむ淡をとる効果もあります。

発声の面でも強い味方になりますので、疲れがたまってしまったときなどは、ぜひ試してみてください!

 

ハチミツ

ハチミツは、とっても豊富なビタミンやミネラル、さらにアミノ酸や酵素も含まれる素晴らしい食べ物です。

疲労回復に効果を発揮するのは言うまでもありませんね^^

また、ハチミツには殺菌作用があるとも言われています。

私はこの分野に明るくはないのですが、喉が痛いときハチミツを少しなめてから寝ると、効果を感じたりもしています。

この辺りは賛否両論あるようですが、疲労回復に役立つことは間違いないはずです。

ぜひ、試してみてください。

 

心の疲労は

当然身体の疲労だけでなく、心の疲労も声に影響が現れます。

これもしっかり回復してあげないといけません。

思いっきり歌を歌うもよし、思いっきり趣味に没頭するもよし、JAZZを流しながらコーヒーを飲むダンディな時間を過ごすもよし……

時には自分を甘やかして、心の疲れもとってあげましょう。

それが、良い発声につながることは間違いありません。

甘やかしてばかりではいけませんが、厳しすぎもオススメできないのです。

バランスが大切ですね^^

 

本日は、疲れをためないことが、結果良い声につながるという話でした。

オススメの飲み物や心の休養など、ボイストレーニングとかけ離れた内容に見えてしまうのですが、

疲れがたまってしまっていると、本当に、びっくりするほど声って出ないんです。

なので、良いトレーニング、良い発声をするためには「疲労をためない」ことがとっても重要になります。

これは、私自身が気を付けていることでもあります^^;

 

実は本日ご紹介した内容は、私自身が日ごろから取り入れている方法のいくつかなんです。

この暑い夏の時期、

疲れがたまって体調を崩しがち!

疲れをためず、いつでも元気な良い発声ができる土台を作っておきましょう!

 

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 【発声・滑舌】良い声を手に入れるために絶対にやるべきこと
  • イメージの力 ~イメージが身体に影響を与える~
  • 後鼻漏や声がれの原因?上咽頭炎治療のBスポット治療って?
  • うるさい声と響く声の違い 同じ声量でも聞こえ方は変わる?
  • 良い声ってなんだろう?良い声なんてだれでも出せる!
  • 謹賀新年
おすすめの記事
地声と裏声
先日、こんなお声をいただきました。 「内容が分かりやすいのはいいが、もっと詳しい内容が知りたい! わかりにくくてもいいから書いてほしい!」 ...
発声に腹筋は大事?
コラム
よく、声を出すには腹筋が必要! そういわれますね^^ 毎日腹筋の筋トレをして声をよくしたいと思っている方はいらっしゃると思います。 今日はそ...
複式呼吸は必要?
発声を勉強する際に必ずと言ってもいいくらい、何かと出てくる腹式呼吸。 この腹式呼吸って本当に必要なの? 腹式呼吸ができると良いっていうのはよ...
ハイラリンクス(ハイラリ)について
ハイラリンクスという状態をご存じですか? 通称:ハイラリ 高音の発声をトレーニングする際に聞いたことがある方が多いと思います。 本日より2記...