声が枯れる 咳払いは声がれの元? ~普段のクセを見直すと……~

日も実際にあった出来事よりご紹介。

生徒さんより以前から相談を受けていた内容がありました。

それは……

「声が常に少しだけ枯れているような気がする」

私はお医者さんではないため、ボイストレーナーとして発声の観点から改善を考えつつ、専門外の内容に関しては声を専門にしている耳鼻科に行くようおすすめしていました。

生徒さん曰く、耳鼻科の先生に診てもらったところ、声帯に少し腫れがあるが、特別な異常はないとのこと。

声の使い過ぎではないか、とのことだが普段はそんなに使っているわけではない。

とてもお困りでした。

しかし、先日レッスンをしていた時、生徒さんの何気ないクセを発見し、そのクセを意識的にやめてもらったところ……

なんと1週間後のレッスンで声枯れが改善!

生徒さんもとても喜んでおりました^^

(私もすごくうれしかった!)

で、そのクセとは……

 

咳払い

でした。

なぜこれが良くないかというと……

 

声帯は繊細

声帯はすごく小さく、そして粘膜です。

とても繊細にできているのです。

なので、少し腫れただけでも、うまく振動ができず結果「声枯れ(嗄声)」になってしまったりします。

 

今回の生徒さんは、鼻炎のアレルギーをお持ちで、鼻水が喉の方に流れてしまう「後鼻漏」状態でもあるとのことでした。

喉の方に鼻水が流れてしまうので、しょっちゅう「ん”ん”ん!! ん”ん”!」と咳払いをしていたところ、それがクセになってしまったとのことでした。

また、家にいる時ではなるべく喉に流れた鼻水を飲み込みたくないため、タンをだすように、「か~~~~、ぺっ」ってやつをしょっちゅうやっていたとのこと。

結果、これらの行動が、声帯に刺激を与え、慢性的に腫れさせてしまっていたようで、少しの声枯れがずっと続いていたようでした。

まとめ

本日は、実際の例をご紹介しました。

しかし、この「咳払い」がクセになっている方は結構いらっしゃると思います。

とっても小さなことですが、声帯は繊細!

とてもデリケートなのでいろんな要素で声のコンディションは変わってしまいます。

今回ご紹介した内容はそのいろんな要素の一つにすぎませんが、頭の片隅にでもおいておいていただけるといいかもしれません。

今後「咳払い」をすることに抵抗が出てくるかもしれませんよ^^

 

 

※注意

今回のご紹介はあくまで一例です。

「声枯れ(嗄声)」の原因は本当にいろんな原因があります。

発声の問題、治療が必要になるような問題……

中には恐ろしいものもあります。

長引く「声枯れ(嗄声)」は注意が必要です。

必ず自己判断されず、専門の医療機関に行かれることを強くお勧めします。

 

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 【発声・滑舌】良い声を手に入れるために絶対にやるべきこと
  • イメージの力 ~イメージが身体に影響を与える~
  • 後鼻漏や声がれの原因?上咽頭炎治療のBスポット治療って?
  • うるさい声と響く声の違い 同じ声量でも聞こえ方は変わる?
  • 良い声ってなんだろう?良い声なんてだれでも出せる!
  • 謹賀新年
おすすめの記事
感覚を掴むこと
コラム
本日はトレーニング中に良くある一コマよりご紹介 例えば高音発声のトレーニング 繰り返し練習して、ふとした瞬間…… 「あれ? 今の声すごくいい...
美しい日本語 ~鼻濁音~
話し声
本日は話し声についてご紹介します。 人は話し方でその人の印象がガラっと変わります。 上品、さわやか、がさつ、大柄、元気……その他色々 余談で...
裏声は苦手?
今日のお話も、レッスン中の1コマより抜粋 「頑張れば地声で高い音が出るので、裏声は必要ないですよね? なんか高いところを裏声で出すのって逃げ...