はっきり? 流すように? 歌がうまく聞こえるのは……

日のレッスン中に、生徒さんよりこんな質問を受けました。

「歌って、はっきり歌詞を言ったほうがうまく聞こえるって聞いたんですけど本当ですか?」

歌詞を滑舌よく歌うことと、逆に流すように歌うことと、どちらがうまく聞こえるのかというご質問です。

さて、あなたはどっちがうまく聞こえると思いますか?

今日は、このご質問についてお話します。

どちらがうまく聞こえるのか

先に結論を言ってしまいます^^

それは、「どちらとも言えない」です。

「なんですか、そのいい加減なアンケートの答えみたいな結論は( ゚Д゚)」

そんなお声が聞こえてきそうですが、ちゃんとご説明しますね^^

 

この2つは結果

「はっきり歌う」「流すように歌う」

この2つはいわば結果なんです。

一つの表現の部分と言ってもいいでしょう。

なので、好みによってどっちが好きかは変わってきます。

 

実際、「はっきり歌う」アーティストさんもいれば、「流すように歌う」アーティストさんもいます。

そして、どちらのアーティストさんも上手かったりします。

なので、この2択は「どちらとも言えない」のです。

では、この2択が結果ということは、その前の段階が大事という事です。

それは……

 

 

ブレス(呼吸)

呼吸がしっかりつながっておらず、不安定な状態だと、「上手い歌」には聞こえないことが多いといえます。

たとえば1フレーズ歌う際、ブレスが安定せず、強くなったり弱くなったりしてしまうと、「安定感のない声」になってしまいます。

そんな安定感のない状態で、歌詞をはっきり歌っても上手くは聞こえないでしょうし、逆に流すように歌っても上手くは聞こえません。

逆に土台であるブレスがしっかり安定した歌声であれば……そこから先は表現として、「はっきり歌うのか」「流すように歌うのか」選択すればよいというわけです。

このブレスのトレーニング方法は、

以前ご紹介したブレストレーニングを参考にしていただけると良いと思います^^

ぜひ実際にやってみてください。

 

まとめ

本日は「はっきり歌うのか」「流すように歌うのか」というご質問からのお話でした。

まとめると

・はっきり歌えばうまく聞こえるわけではない

・土台であるブレスがしっかりできていれば、どちらでも表現としてとらえられる。

・ブレストレーニングをしっかり行って安定感をだそう!

 

上手く聞こえるためにはブレスの安定は必ず必要です。

当然、上手く聞こえるためにはほかにも要素はありますが、

ブレスは土台! しっかりトレーニングをしましょうね^^

 

の関連記事
  • 個人練習の極意!自分の声、歌を聴く時の注意点&3つのコツ
  • 以外と盲点!?理想の声を出すためにやってほしい日常トレーニング
  • 声量を上げると声がすぐに裏返ってしまう?改善方法と以外なメリット
  • 【初心者】低音?高音?ボイトレはどのトレーニングから始めるべき?
  • 安定した声、響く声・高音を出すために腹筋は鍛えるべきなのか?
  • 高い声がグンと出るようになる筋トレ紹介!発声をして声の筋トレ!
おすすめの記事
絶対音感と相対音感
コラム
本日はタイトルの通り音感のお話です。 なんとなく聞いたことがある単語ではないでしょうか 「絶対音感」 「相対音感」 ものすごーく単純に言って...
ビブラートのかけ方!
昨日の記事でビブラートについてお話しました。 ビブラートは勝手にかかるのか? それともかけるのか? 私の場合 ビブラートはかけます! かける...
後鼻漏と声
コラム
後鼻漏ってご存知ですか? 鼻水が前に出てくるのを全鼻漏、咽頭の方に流れ、そのまま喉の方に流れて行ってしまうのを「後鼻漏」と呼ぶそうです。 以...
複式呼吸は必要?
発声を勉強する際に必ずと言ってもいいくらい、何かと出てくる腹式呼吸。 この腹式呼吸って本当に必要なの? 腹式呼吸ができると良いっていうのはよ...