表現力を上げるトレーニング!歌詞を朗読してみよう!

よくこんな質問をいただきます。

「○○(アーティスト名)さんって表現力すごいですよね、どうやったらあんな表現できるんですか?」

「歌の表現力を伸ばしたいんですが、どうしたらいいでしょう?」

今日は表現力を鍛えるトレーニングをご紹介します!

表現力を鍛えるためには……「役者」になってみましょう!

歌詞の意味を知る

大体の歌詞には意味があります。

あなたは歌を歌う前に、その歌詞をしっかり読み込んでいますか?

結構多くいらっしゃるのが、曲を覚えて、そのメロディに合わせた雰囲気で歌詞を「読んでいる」こと

歌詞ではなく、曲の雰囲気で歌を歌ってしまっているのです。

 

これでは、歌詞を歌っているのではなく、曲を歌ってしまっていることになります。

すこし厳しめのことを言ってしまうと、歌詞は全部「ららら~」にしても同じです

作詞家さんが泣いてしまいますね^^;

 

なので、しっかりと歌詞を歌いましょう!

そのためには、歌詞を知り、その物語を相手に伝える能力が必要になります。

そのために……

歌詞を朗読してみよう!

ただ声を出して読むんじゃないですよ?

朗読するんです^^

コツはその歌詞の主人公になったつもりになって、あなたがその歌詞を話すとき、

どんな気持ちなのか、何を伝えたいのか、どんな状況なのか、

しっかり想像してください。

 

わかりやすく言えば、失恋の気持ちが書かれた歌詞なら、

あなたが失恋した時のことを思い出してみてください。

応援ソングであれば、あなたが応援したい相手や物事を頭の中に想像して読んでみてください。

 

この「あなたの想像」「あなただけの表現」です!

私とあなたが同じ歌詞を歌っても、おそらく歌っているときに想像していることは違うはず。

たとえそれが同じ失恋の歌だったとしても、想像する状況や風景が違うはずですからね^^

 

こういったことをしっかり学ぶためには、まず歌にせず、

歌詞だけをしっかり想像しながら朗読してみてください。

そして、気持ちがしっかり言葉に乗り、歌詞を表現できるようになったら、

「その気持ちや表現のまま、曲に乗せて歌ってみます!」

これができれば、曲を歌っていたころとは全く別物の歌があなたから生まれるはずです。

まとめ

本日は、「朗読トレーニング」をご紹介しました!

表現は気持ちが大事です。

小手先のテクニックでやるのではなく、

自分の心をぶつけてみてください!

それがあなたの表現です!

 

関連キーワード
, 話し声の関連記事
  • 個人練習の極意!自分の声、歌を聴く時の注意点&3つのコツ
  • 以外と盲点!?理想の声を出すためにやってほしい日常トレーニング
  • 声量を上げると声がすぐに裏返ってしまう?改善方法と以外なメリット
  • 【初心者】低音?高音?ボイトレはどのトレーニングから始めるべき?
  • 安定した声、響く声・高音を出すために腹筋は鍛えるべきなのか?
  • 高い声がグンと出るようになる筋トレ紹介!発声をして声の筋トレ!
おすすめの記事
音痴は直せるのか? その3
全2回予定だったタイトルですが、3回目に突入してしまいました^^; 本日で、このお話は終わりです。 今日は「テンポ」についてのお話です。  ...
後鼻漏と声
コラム
後鼻漏ってご存知ですか? 鼻水が前に出てくるのを全鼻漏、咽頭の方に流れ、そのまま喉の方に流れて行ってしまうのを「後鼻漏」と呼ぶそうです。 以...
絶対音感と相対音感
コラム
本日はタイトルの通り音感のお話です。 なんとなく聞いたことがある単語ではないでしょうか 「絶対音感」 「相対音感」 ものすごーく単純に言って...
声の調子がいい日、悪い日 
「なんか今日声でないな~」 「お! 今日は高い声もめっちゃでる!」 こんな風にその日の調子ってありませんか? なんでこんなことがあるんでしょ...