なんで自分の言っていることを相手は理解してくれないの?

家族、親しい友人、恋人、職場の人間関係などなど……

よくぶつかる問題が、「なんで自分の言っていることを理解してくれないんだろう?」ということ。決してわかりにくく言っているつもりはなくても、なぜか相手が理解をしてくれない。

 

 

こんなことってあると思います。自分の伝える力が弱いのかな~、とへこんでしまう方もいらっしゃる程ですね^^;

今日はそんな「なぜ相手は理解をしてくれないのか」という部分について少しご紹介したいと思います。

 

自分の常識と相手の常識

こういったコミュニケーションが上手くいかない時によく起こっているのが、自分の常識を相手に求めてしまっているということです。

人間には、いろんな人がいて、いろんな個性があります。「一般常識」と呼ばれるものがあったとしても、人の深い部分には、「自分の常識」というものが隠れています。そのため、そういった深い部分に関係してくるような内容だと、自分の常識が顔をだしてきます。

そのため、Aさんが頑張って話していることも、Bさんは全く理解できない、ということが起こってしまうのです。

 

タイプは人それぞれ

人にはいろんなタイプがあると言われています。そして、そのタイプによって考え方や感じ方が違うとされているんです。

そのため、自分のタイプと相手のタイプが正反対だったりすると……自分がどれだけ頑張って話したとして、相手は理解してくれない、という事も起こり得るのです。

 

違うタイプの人間がいることを理解しておく

このように、人にはいろんなタイプがあり、自分と正反対のタイプの人と会話したりコミュニケーションをとってみると、「なんだかわからないけど話が弾まない。なんで自分の言っている内容に興味を持ってくれないんだろう」という事が起こりやすくなります。

こんな時、「なんでなんで?」と心の中で考えてしまうと、良くないストレスが溜まり、自分にダメージを与えてしまいます。

なので、そんな時は、「あ、この人は自分と別のタイプの人なんだ。だから自分の言っていることがいまいち伝わらないのか」と理解してあげることで、コミュニケーションをものすごくとりやすくなります。

コミュニケーションの基本は、自分だけではなく、しっかり相手を意識すること。相手はどう思っているんだろうと、相手のことを考えてあげることです。

逆に自分の考えや常識を相手にぶつけるだけのコミュニケーションをとってしまうと、相手に理解されない上、自分がつらくなってしまいます。

 

相手を理解してよいコミュニケーションを

「自分の言っていることをなんで理解してくれないんだろう」

「この人の言っていることは理解できない」

この二つは、相手と自分のタイプが異なっているから起こってしまうことです(当然原因はこれだけではありませんが)。こういった場合、どちらか、または2人ともが「相手は自分と違うタイプなんだ」と考えられるだけでコミュニケーションはとっても円滑に行きやすくなります。

ぜひ、自分だけのコミュニケーションではなく、相手を意識したコミュニケーションをとれるよう、チャレンジしてみてくださいね^^

 

関連キーワード
  • 無意識でやっている!?会話が続かない・イライラさせてしまう癖
  • コミュ力UP!人の気持ちと空気が読めるようになるトレーニング方法
  • スピーチ・プレゼンが上手くなる簡単な方法!もう眠いとは言わせない!
  • 会話が続かない時にやってしまいがちなこと
  • 「気づき」は心や身体の状態を変えてくれる特効薬?
  • 笑顔を作ることが苦手?無理なく笑顔でコミュニケーションをとるためには
おすすめの記事
息を長く続かせる方法
今日はこんな質問を生徒さんからいただきました。 「肺活量がないのか、息が長く続かないんです。すぐ苦しくなってしまって……やっぱり走ったりして...
地声と裏声
先日、こんなお声をいただきました。 「内容が分かりやすいのはいいが、もっと詳しい内容が知りたい! わかりにくくてもいいから書いてほしい!」 ...