埼玉県所沢市のボイストレーニングなら

声がこもる

  • HOME »
  • 声がこもる

声がこもるのはなぜ?

大きな声が出ない原因と同じ部分があるのですが、「こもる」という現象も、やはり「メンタル」の部分と「技術」の部分があります。

メンタルの部分については、「大きな声が出ない」でもご紹介しました通り、お悩みの方によって状況がかなり異なるため、主に技術的な面をご紹介します。

声がこもる原因として多いものが……

喉の深い部分に響きが留まっている

声の方向性が内側

です。

 

喉の奥に響きが留まっている

この矢印の部分は、「咽頭(いんとう)」と呼ばれる場所で、この部分の空間を「咽頭共鳴腔(いんとうきょうめいくう)」と呼びます。この咽頭共鳴腔は良い声を出す上で1番重要といっても過言でない場所です。

この空間(他にも共鳴腔と呼ばれる空間はありますが今回は割愛します)で声を振動させることで、より良い声、響きのある声が出せるようになるになるのですが、この部分で得た振動を、前へ出してあげないと、奥の部分で振動しこもってしまうという現象がおこります。

イメージとしては、布団の中で声を出しているイメージです。布団の中で大きな声を出しても、外から聞くとこもった声に聞こえますよね? それと同じように、喉の奥で共鳴させた音を、しっかり口や鼻から外に出してあげる必要があるのです。

そのためには、図で丸がついている咽頭共鳴腔の部分を開けてあげる必要が出てきます。この咽頭共鳴腔は、狭くなったり広くなったりします(詳しい内容は割愛します)。よく、歌などで「喉を開けて歌いましょう」など言われることがあるのですが、それは言い換えると、「咽頭共鳴腔を狭くしないで歌いましょう」という意味が強いです。話し声においても、この部分が狭くなってしまうと、声の通り道が狭くなってしまうので、声はこもりやすくなってしまいます。

 

声の方向性

声というものは目に見えません。そのため、わかりにくいのですが、声というものは方向性があります。

声がこもってしまう原因の一つとして、「声の方向性が内側」に向かってしまっているという事が考えられます。

これは顔を横から見た図です。声というのはこの図の矢印のように、口からまっすぐ前に出ているイメージかと思います。

しかし、声の方向性が内側に行ってしまっている方は、無意識のうちに……

このように、方向性が逆になってしまっているのです。声の音自体は、当然口から前に向かって出ていますが、方向性が内側に向いてしまうと、響きが前に向かってくれません。その結果、声がこもるという現象がおきてしまう原因の一つになります。

 

トレーニング方法

声がこもってしまう上の2つの原因を改善することが必要になります。そのため……

①咽頭共鳴腔を狭くしない(喉を開ける)

②声の方向性を前にして、声の響きを前に出す

この2つを目標にします。

 

①ため息の喉

咽頭共鳴腔を狭くしない(喉を開ける)方法なのですが、その方法を覚えるやり方として、「ため息」が効果的です。「ため息」というものが、どうしてもネガティブな響きで何か代用できないかと考えたのですが、わかりやすさを重視すると、どうしても「ため息」になってしまいます……。

「はぁ~~」とため息をはいたときの喉の状態は、上でご説明した「咽頭共鳴腔」が狭くならず、しっかりと開いた状態になります。そのため、「喉があいた状態」を確認するためには、「ため息をはあ~~」とはけばよいという事です。

確かめる方法として、なるべく長く、思いっきり「はぁ~~~」とはいてしまったほうがわかりやすい場合があります。

深呼吸をするつもりで、腹式呼吸でしっかり息を吸って、全て出し切る勢いで「はぁ~~~~~~」とはいてみてください。

また、同じような息を「ハッ、ハッ、」と短くはいてみるのも良いでしょう。口をあけて、鏡を見ながらやってみると、舌の奥が下に下がり、喉の奥が開いているのが見えるかと思います。

あとは、この喉が開いている感覚のまま、声を出してみましょう。喉の奥が開いていれば、声が前に出てきやすくなるため、うまくいけば声のこもりがかなり解消されます。

 

②声のキャッチボール

続いては、声の方向性を前に、そして響きを前に出すトレーニングです。色々なトレーニングがあるのですが、一番わかりやすいトレーニングは2人で行う「声のキャッチボール」です。

やり方としては……

①野球のキャッチボールをするつもりで向かい合わせで距離をとってください(最初は近くて良いです)

②1人が相手に向かってボールを投げるような感覚で、『声を相手に投げます』。声は「おーい」とかの呼びかけで大丈夫です。この時、実際にボールを投げるように手を付けて投げる動作を行うと、より効果的です。

③投げられた相手は、しっかり声をキャッチしてください。キャッチできたら、同じように、相手に向かって声を投げ返します。

以上を繰り返します。

コツとしては、「相手に向かって、しっかり声を投げる意識を持つこと」です。声は見えませんが、相手の胸元めがけてしっかり声を投げてみましょう!

このトレーニングの狙いは、声を相手に向かってしっかり飛ばすという事を覚えることです。相手に向かって声を飛ばすという事は、声の方向性が内側に向いていてはできません。また、相手を意識することにより、響きも前に出てきやすくなります。

このトレーニングは、大きな声を出すトレーニングとしても行うことがあります。トレーニングをやっていて、とてもわかりやすく、効果が出やすいトレーニングです。

 

こもりが改善されると印象もよくなる

声がこもってしまっていると、コミュニケーションをとる上でもデメリットが出てしまいます。

相手に向かってしっかり声が飛ぶようになるだけで、説得力が増したり、活発な印象を与えたりとメリットが大きいです。

コミュニケーションにおいてもメリットが大きい内容のため、声をこもらせず前に出す、というトレーニングは積極的に行いたい内容ですね。

お気軽にお電話ください TEL 04-2935-7036

PAGETOP
Copyright © ココロウィズ所沢 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.